湘南・藤沢の結婚相談所【1】コンサルタントの結婚観


20170719175926.jpg

改めまして、湘南・藤沢の結婚相談所、Amber(アンバー)T&Iの高橋いづみです。

今の世の中、多様性や個性が重んじられ、自由と権利などが守られるべきものだという風潮ですね。

因習、旧弊、旧来からの決まりごと、階級制度、大家族制度、近所づき合いといったようなことが、疎まれ、嫌われ、廃れてきています。

確かに、近代化と共に公正な競争が生まれ、努力すれば報われる時代になり、日本人の勤勉さとも相まって、結果、国力も上がり国民生活も豊かになりました。

基本的人権は保障され、自由も謳歌でき、選択肢も無限に広がっているようにも感じます。

では、今の時代が幸せに溢れ、笑顔に満ち満ちた社会なのでしょうか。

物事には必ず表裏があります。良い事も極端に走り過ぎると弊害が現れます。

ストレスフルな日常、孤独な暮らし、自殺者の増加、家族の介護問題、就業しない人の増加、深刻な少子高齢化、過疎化の進行、親離れ・子離れできない家族関係、悪質・陰険な犯罪の増加、幼児虐待、教師や警察官の犯罪、暴露ネタしかないテレビ番組...。

毎日悲惨で陰惨で目を覆うようなニュースに溢れていますね。書いてるだけで胸が悪くなってきました。(苦笑い) 

ニュースになるのだから、ごく一部のレアケースなんだと信じたいものですが。

そんな負の面もたくさんありますが、良くなってきていると感じることがあります。

それは、病気にならないための健康の大切さということが、かなり浸透しているなということです。

主人と散歩している時も、歩いていらっしゃる方が多いなあと感じます。

すれ違いざまに挨拶して頂くことも結構ありますね。こちらも挨拶を返します。とても気持ちが良いものです。

ジョガーも老若男女、年々増えていますよね。市民マラソンなどもとても盛んになっています。

カラフルなウェアやカッコいいシューズなど見ているだけでも楽しいものです。

運動することは、身体だけでなく心の健康も増進させます。

健康を意識すると、食べるものは、美味しいものをゆっくり少量を摂るように心がけるようになります。

また、好奇心をもって物事を見たり、聴いたり、やってみたりすることも楽しいですね。

そうなると自然に笑みがこぼれてきます。

そんな時に素敵なパートナーが一緒にいてくれたら素晴らしい人生ですね。

よく言われる、良い事は2倍に、嫌なことは半分になるということが実感できます。

忙しくて出逢いが無い、出逢いはあるがお付合いに至らない、お付合いはするが結婚できない‥‥。

こんなことが障害となってパートナーが見つかり難い時代になっています。

人生は長いのです。

心からパートナーが欲しいと思われたら是非ご一報ください。

まずは、じっくりお話を聞かせてくださいね。

🔸🔸 湘南・藤沢の結婚相談所なら 🔸🔸
Amber(アンバー)T&I
(公式サイト)http://www.amber-ti.com/ 

〜心からパートナーがほしい、結婚したいと強く思われる貴方へ〜

Amber(アンバー)T&I のサポートは、貴方が婚活を通して、人として成長していくことを支援することだと考えています。

私たちが貴方の魅力を引き出し、素敵な出逢いを引き寄せていきます。

まずは、私たちとお逢いしてご相談頂き、第一歩を踏み出してみませんか。

無料カウンセリングは約1時間です。

20170706202703.jpg

貴方自身の今までのこと、現在の状況、これからの活動のご希望など、私たちが懇切丁寧にお聴きします。

どうぞお気軽にご連絡くださいね。 🔸🔸http://www.amber-ti.com/🔸🔸

🔹🔹Facebookのお友達も募集中です!🔹🔹

男性の皆様へ。


070902.png

Instagramに、時折、我が家の朝食なども載せたりしているのですが、

先日ある方から「毎日がレストラン!」というとてもうれしいコメントをいただきました。(勝手に褒め言葉だと解釈しましたが、笑)

いえいえ、たいしたものは作っていないんですよ(笑)。ただ、毎朝食べてくれる主人に対しての愛情がいっぱい詰まっています。

心を込めて作りますよ。美味しく食べてくれる人がいることが嬉しいのです。

我が家は週末ともなると他のご家庭より外食が多いので、

少し前に 、存じ上げている食育がご専門の大学教授の先生から、

「Facebookの食事が外食ばかりだね、お料理しないと勘違いされるからたまには自分の料理もアップしたら!」とご指摘頂いたことがありましたっけ。(笑)

美味しいものを食べる事は、前にもお話しましたが、幸せに生きていくための1番大切なことだと思っています。

愛する人のために女性は心を込めて食事を作ります。

考える事は見た目の美しさ、食材の栄養バランス、そして美味しく食べてもらえるようにあれこれ工夫して、楽しく料理に取り組みます。

男性のみなさん!

どうしても見た目にこだわる方が多いかもしれませんが(笑)、

見た目以上に是非お料理の得意な、お料理が好きな女性をパートナーに考えてみてくださいね。

ちなみに、Amber(アンバー)T&Iの会員が使えるデータでは、

キーワードを『料理 外食 家庭』と入力すると、20歳~50歳の女性会員が113名ヒットしましたよ。

笑顔が魅力的な女性が多数在籍されています。

料理は特別凝った料理じゃなくても、愛情あるパートナーが作ってくれる料理はとても良いものですよ!

楽しい会話が弾むような、心豊かになるような、食事を一緒にできる人を探してくださいね。

また男性でもお料理が得意な方は、パートナーのために手料理を振る舞うことも良いですし、

お二人で一緒にお料理をすることもとても楽しい時間になると思いますよ。

そしてたまにはお洒落して、外食デートもお忘れなく!!!

迷った時の直観力!

062005.png

日々暮らしていると、様々なことが起こり、いろいろな場面に遭遇しますよね。

その都度その都度、私たちは「選択すること」を繰り返しています。

アマゾンの創業者のジェフ・ベゾスの言葉に、「In the end、we are our choices.」

(結局、私たちは自分自身が選択した決断の集大成である。)

何をどう選ぶかは、自分の直感に頼ることが多いのではないでしょうか。

この直感力を磨くと、良い選択ができて大きな夢を掴むこともできるのだそうです。

直感とは、ヤマカンようなものではなく、1つのことを悩みに悩み、考えに考えた末に、突然頭の中に降ってくるものです。

これ以上考えられないなあと思ったら、暫く思考をやめて、リラックスした状態で放っておくと、2,3日して閃くらしいです。

こんな経験を増やしていくことが大切で、そうするうちに直感力が高まっていくのです。

常日頃、心がけておきたいのは、できるだけ常識や先入観に囚われないことを意識して、リラックスした状態だと直感が湧き出やすくなります。

周りに直感が優れているなあと思う人はいますか?

そういう人は、いくつかの特徴があるようです。

1.自分自身に自信を持っていて、自己肯定感をもっている人。

うちの主人は変に自信家で、ちょっと偉そうなところが嫌なんですが。(笑)

2.メモをマメに取る。

いつ湧き出るか分からず、眠っていて夢となって現れることもあるようです。

3.瞑想する。

企業研修にも取入れられているようです。主人得意の椅子坐禅ですね。(笑)

4.瞬発力がある。

直感力は右脳からパッと生まれる一瞬の閃きです。集中力を養うことが大切。

5.常識に囚われない。

自分と違う価値観の人と触れ合ったり、幅広い視点で考えを見直してみること。

6.五感を研ぎ澄ます。

自然の中に身を置いたり、体感することを大切にする。

最初の自己紹介で書きました。
アンバーが言っています、『幸せになりたいって願って!そうすれば必ず叶うんだから。』

自分を信じて夢を掴みましょう!!!

理想的な夫婦

061205.png

主人は、ずっと床屋主義です。

今流行のカット専門のチェーン店ではなく、いわゆる『床屋さん』に通っています。

私の行っている美容室を勧めたこともあるのですが、頑として聞きません。

理由を尋ねると、髭剃りやフェイスケア、耳掃除、マッサージもやってくれて、だいたい途中で寝てしまう心地よさが気に入っているとのこと。

短髪なので3週間毎に通っていますが、バリカンも使ってカリアゲ君になって帰ってきます。(笑)

また、ある時から家から最も近い床屋さんを選ぶようになりました。

私は、いろいろなこだわりを持って美容室を選びますから、ちょっと理解できません。(ちなみに主人は美容室のことをパーマ屋さんと呼びます・笑)

今住んでいるマンションからほど近いところに、その床屋さんはあります。

3年前に藤沢に越してきて以来主人は通い続けています。

そのマスターが、今年のお誕生日で90歳!奥さまが80歳で今だに現役でやってっしゃるのです。

ひとつひとつの手順を丁寧にされていて、1時間半はかかります。(通常の床屋さんの倍の時間らしいです。)

バリカンが時々髪の毛を引っ張り痛いこともあるようですが、いつもきちんと仕上がっています。

主人はその床屋さんに行くのを楽しみにしてします。

ほとんどのお客さんが昔からの常連さんで、その方々とは会話も掛け合いとなって弾むようですが、まだまだ新参者で床屋さんでは静かにするタイプの主人は、黙って刈られているようです。

一徹な感じのマスターは、淡々と仕事をされていて、明るい笑顔の絶えない奥様と息もぴったりでお客さんと接しています。

小さな言い合いは時々しているそうですが、すぐに絶妙の間合いで仕事が進みます。もう60年もお二人でずっと一緒に仕事されてきていますからね。

その間には様々なことが、良いことも嫌なことも予期せぬことやご苦労など、たくさんあったはずですが、そんなことは全く感じさせないようです。

夫婦間の揉め事もあったと思いますが、お二人で同じ仕事をしていく中で、乗り越えてこられたのだろうと思います。

お金や地位を自分の外に求めようとするのではなく、自分たち夫婦の中にある幸せを追い求めてきたからこそ素敵なご夫婦に見えるのだと思います。

マスターは、「まさかこの年まで仕事ができるとは思いもしませんでした。家内にはもちろん、周りの皆さんに感謝しながら一日、一日とやっています。」とおしゃっているそうです。

素晴らしいご夫婦だと思います。

最近、離婚率が非常に高まり、特に妻側からの申し出で離婚となることが多いようです。

自分のことを思いやってくれないという不満が溜まり、夫はそれに全く気が付かないということがその原因のひとつだそうです。

私も主人も、この床屋さんのご夫婦のコミニュケーションの素晴らしさを改めて痛感しています。

その場その場で、言いたいことは言い合いながら、お互いを認め、感謝の気持ちで過ごすことにその秘訣があるように思います。

皆さんはどう思われますか?

夫婦喧嘩は犬も食わぬ?

bur0603.png

日ごとに夏に近づいていて、体調管理の難しい時期ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

私も、少し、ぐて~としながらも、時に気持ちを引締めたりして、心に緩急を上手くつけられるよう努めています。

身体の面では、やっぱり大切なことは毎日の食事ですね。

好き嫌いなく、食べる事は大好きなので基本的には問題ないのですが、最近はバランスに気を使っています。肉や魚と野菜をバランス良く、ご飯やパンなどの糖質は減らして腹八分を心がけています。

飲む方は、喉の渇きを覚える前にチョコチョコ水分補給するようにして、お茶なども良く飲みます。

呑む方も嫌いではないのですが、ビールや日本酒よりワインや焼酎のお茶割りなどが良いようなので、そうしています。まあ、呑み過ぎはどっちみちダメですよね(笑)。

主人と晩酌することが、多いのですが、同じペースで呑んでいると、ついつい呑み過ぎてしまいます。そんなときは、主人から指摘されると喧嘩になることもあります。この点は反省!

でも、普段のちょっとした意見の違いや言葉の行き違いから喧嘩することは、しょっちゅうあります。お互い譲らず、側からみると大喧嘩にみえることもあるようです。

本人同士は、一本繋がっているものが常に感じられているので、しばらくするとケロッとして普通の会話に戻っています。(笑)

同じ屋根の下で暮らすのですから、我慢我慢ではお腹がそのうち破裂してしまいます。小さな喧嘩で、憂さ晴らししてストレスも解消!

トムとジェリーのように、「仲良く喧嘩しなっ!」でいきたいものですね!

結婚するってどんなこと?

buro1.png

自分自身のことって全て自分でわかりますか?

時々自分でもよく理解できない自分が顔を出して戸惑ったり、新しい発見をしたりするものですよね。

それでも、自分自身の一番の理解者は自分でしかなく、自分が自分を大切にしなくては誰がしてくれるのか?って思います。

そうすると、自分ひとりでいるのが一番気楽で、楽しいのかな?

確かに、ある時期一人暮らしすることも、人間的な成長ということで良いでしょうし、慣れればこんな楽なことはないですね。

でも、ふと寂しいなと思ってしまうことも多々あり、誰かにそばに居て欲しい、話をしたり触れ合ったりしたいとも思うものです。

人間って、わがままで自分勝手なものですよね。それぞれが、その時々で好きなようにできたらよいけど、そうはいきませんね。

人が生きていくということは、苦労することになっているようです、どんなひとでも。

私の好きな作家の山本周五郎も、繰り返しこのことを書き続けています。

それなら、ひとりでなくふたりで苦労してみませんか?

良く言うように、苦しみが半分になり楽しみは倍になりますよ!