相手に負けていられない? もともと負けている?

B4264ADE-9D10-40DD-8417-8DE0EA6F61AE.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

恋愛がうまくいくカップルは、相手に対して勝ち負けなど意識しません。

自分には個性があり、相手には相手の個性があることを知っているため、勝ち負けにこだわったりしないのです。

例えば、婚活でも

「彼女のほうが学歴がいい」とか、

「彼のほうが背が低い」とか、

「自分の方がモテる」等々、

勝ち負けを意識する人が結構おられます。

勝ち負けを意識していると、いつも相手に対してコンプレックスを持っていなければならなくなります。

コンプレックスは、そう簡単に消えるものではありませんが、なかなか消えないコンプレックスをいつまでも引きずっていては、うまくいくものもうまくいきません。

婚活でうまくいくカップルは、お相手との勝ち負けなど考えていません。

信頼と肯定感があれば、二人の違いなどは関係がありません。

何故なら、元々育った環境も、考え方も、目指すものも違う人間同士が、偶然出逢うわけですから、そもそも同じ人間であるはずがありません。


「彼女のほうが、背が高くても、気にしていませんから」

「彼女のほうが、学歴が高いから、いろいろ教えてもらっています」

こんな言葉が言えるカップルは、決まって結婚して幸せになれるカップルです。

逆に自分にないものをお相手から頂けば良いのです。

お相手からの刺激や、与えられたものから、新たな自分になれることがたくさんあります。

そう思えば、1+1が、3でも4でも、、、いやいや10にでもなると思います。

何より、二人の愛があれば、最強のパワーが得られるはずです!

迷った時の直観力!

F613FD19-417D-4FF1-A455-52CB5FC8DABB.jpeg

Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

日々暮らしていると、様々なことが起こり、いろいろな場面に遭遇しますよね。

その都度その都度、私たちは「選択すること」を繰り返しています。

アマゾンの創業者のジェフ・ベゾスの言葉に、「In the end、we are our choices.」

(結局、私たちは自分自身が選択した決断の集大成である。)

何をどう選ぶかは、自分の直感に頼ることって、結構多いのではないでしょうか。

この直感力を磨くと、良い選択ができて大きな夢を掴むこともできるのだそうです。

直感とは、ヤマカンようなものではなく、1つのことを悩みに悩み、考えに考えた末に、突然頭の中に降ってくるものです。

これ以上考えられないなあと思ったら、暫く考えることをやめて、リラックスした状態で放っておくと、2、3日して閃くらしいです。

こんな経験を増やしていくことが大切で、そうするうちに直感力が高まっていくらしいです。

ですから、常日頃、心がけておきたいのは、できるだけ常識や先入観に囚われないことを意識して、リラックスした状態だと直感が湧き出やすくなります。

周りに直感が優れているなと思う人はいますか?

そういう人は、いくつかの特徴があるようですよ。

1.自分自身に自信を持っていて、自己肯定感をもっている人。

2.メモをマメに取る。

3.瞑想する

4.瞬発力がある。

5.常識に囚われない。

6.五感を研ぎ澄ます。

さぁ、あなたも直観力を磨いて、大きな夢「幸せな結婚」を掴みましょう!

結婚するってどんなこと?

9DE62E27-144B-40F0-B08A-ED1C7747306F (1).jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

あなたは、自分自身のことって、全て自分でわかりますか?

時々自分でもよく理解できない自分が顔を出して戸惑ったり、新しい発見をしたりするものですよね。

それでも、自分自身の一番の理解者は、やっぱり自分でしかなく、自分が自分を大切にしなくては誰がしてくれるのか?って思います。

だとすると、このまま自分ひとりでいるのが一番気楽で、楽しいのでしょうか?

確かに、ある時期、一人暮らしをすることも、人間的な成長ということで良いでしょうし、慣れればこんな楽なことはないですね。

でも、ふと「寂しいなぁ...」って思ってしまうこともあるでしょうし、「誰かにそばに居て欲しいなぁ」、「話をしたり触れ合ったりしたいな」...とも思うこと、ありますよね。

人間って、わがままで自分勝手なものですから、それぞれが、その時々で、好きなようにできたら良いけど、、、なかなかそうはいきませんよね。

人が生きていくということは、苦労することになっているようですよ、どんなひとでも。

私の好きな作家の山本周五郎も、繰り返しこのことを書き続けています。

それなら、ひとりでなくふたりで苦労してみませんか?

良く言うように、苦しみが半分になり楽しみは倍になりますよ!