迷った時の直観力!

062005.png

日々暮らしていると、様々なことが起こり、いろいろな場面に遭遇しますよね。

その都度その都度、私たちは「選択すること」を繰り返しています。

アマゾンの創業者のジェフ・ベゾスの言葉に、「In the end、we are our choices.」

(結局、私たちは自分自身が選択した決断の集大成である。)

何をどう選ぶかは、自分の直感に頼ることが多いのではないでしょうか。

この直感力を磨くと、良い選択ができて大きな夢を掴むこともできるのだそうです。

直感とは、ヤマカンようなものではなく、1つのことを悩みに悩み、考えに考えた末に、突然頭の中に降ってくるものです。

これ以上考えられないなあと思ったら、暫く思考をやめて、リラックスした状態で放っておくと、2,3日して閃くらしいです。

こんな経験を増やしていくことが大切で、そうするうちに直感力が高まっていくのです。

常日頃、心がけておきたいのは、できるだけ常識や先入観に囚われないことを意識して、リラックスした状態だと直感が湧き出やすくなります。

周りに直感が優れているなあと思う人はいますか?

そういう人は、いくつかの特徴があるようです。

1.自分自身に自信を持っていて、自己肯定感をもっている人。

うちの主人は変に自信家で、ちょっと偉そうなところが嫌なんですが。(笑)

2.メモをマメに取る。

いつ湧き出るか分からず、眠っていて夢となって現れることもあるようです。

3.瞑想する。

企業研修にも取入れられているようです。主人得意の椅子坐禅ですね。(笑)

4.瞬発力がある。

直感力は右脳からパッと生まれる一瞬の閃きです。集中力を養うことが大切。

5.常識に囚われない。

自分と違う価値観の人と触れ合ったり、幅広い視点で考えを見直してみること。

6.五感を研ぎ澄ます。

自然の中に身を置いたり、体感することを大切にする。

最初の自己紹介で書きました。
アンバーが言っています、『幸せになりたいって願って!そうすれば必ず叶うんだから。』

自分を信じて夢を掴みましょう!!!

◆Facebookもご覧ください◆

◆はてなブログも更新中です◆

夫婦円満の秘訣。

IMG_0135.JPG

外出した時に、仲良く手を繋いで微笑みながら歩いていらっしゃるご夫婦をお見かけすると、良いなあと素直に感じてしまいます。

私たち夫婦も、買い物の時など、腕を組んだり手を繋いだりしています。(喧嘩しているときはできませんけど。笑)

ちょっとした触れ合いでも安心感が得られ、二人の間を温かいものが行き来します。

人と人とを繋ぐものは、「コミュニケーション」だと言われたり、企業などでも「コミュニケーション」能力を磨けと言われたりするようですね。

この言葉は、とても広い意味をもっていて、いろいろな分野や場面で使われる言葉です。

改めてウィキペディアを見ると、・社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達。・(生物学)動物個体間での、身振りや音声・匂い等による情報の伝達。と書いてあります。

多種多様な意味、解釈がされるようですが、ことばで伝える事と、ことば以外のもので伝わることがありますよね。

手を繋ぐこと、ハグし合うこと、いってらっしゃいのキスなどは、ことばを使わなくても愛情がストレートに伝わります。

一方で、当たり前の挨拶や感謝の気持ちを言葉に出すことも大切です。

「おはよう」「ただいま」「いただきます」などの挨拶や「ありがとう」は声に出して言います。

また、主人とはお互い、さんづけで呼び合います。親しき仲にも礼儀あり、尊敬の念を込めています。

朝早くから夜まで主人は仕事、私は家で仕事(外出もあり)や家事をしています。ピーター氏ともたくさんお話ししたりしています。

その間は、専用のラインでやりとりしています。これがまた結構頻繁で、時々本当に仕事しているのかなって心配になるときもあります(笑)。

主人は営業なので、外に出たときの移動中などに心がけてくれているようです。こんなことも時間の隙間を埋めてくれているつもりかな?

でも正直、ちょっとしつこくて困りものです(笑)。

平日の帰宅後や休日は音楽が常に鳴っています。その時の気分に合った音楽を聴きながら、その日にあったことや、ピーター氏のことなど話し合います。

話をしたり、考えていることを伝えたりすると、意見の違うこともありますね。時には、口論になることも。

そんなときは、あまり感情を抑えず言い合います。ひとしきり言い合うと、少し間を置いてから仲直り。

だいたい主人から歩み寄ってきます。年長者の思いやりかな(笑)。

暮らしていると、予期せぬこと、苦しいこともあります。

今年の1月に義父が亡くなったのですが、主人は長男でもあり、病中から亡くなった後も大変でした。私も、大好きな義父でしたし、自分の父親のつもりでできる限りのことをしました。

亡くなった時は大変ショックでしたが、主人から「いろいろありがとう。」と言われ救われた想いでした。

一方で、長女に娘ができておじいちゃん、おばあちゃん(私はいづみママと呼ばせています!笑)にもなりました。

昨日から私の両親が遊びに来てくれましたが、主人ともとても良い関係です。お互いの家族を大切にすることも大事なことだと感じています。

元々、育った環境も、経験したことも違う二人が一緒に暮らしていくのですから、結構大変なことですよね。

お互いの気持ちに寄り添い、何でも話合い、時に小さな喧嘩もし、笑いながら、相手を敬う気持ちを持って、共に二人で人生を一歩一歩、歩を進めていきたいと思っています。

◆Facebookもご覧ください◆

◆はてなブログも更新中です◆


夫婦喧嘩は犬も食わぬ?

bur0603.png

Amber(アンバー)T &I代表の高橋いづみです。

日ごとに夏に近づいていて、体調管理の難しい時期ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

私も、少し、ぐて~としながらも、時に気持ちを引締めたりして、心に緩急を上手くつけられるよう努めています。

身体の面では、やっぱり大切なことは毎日の食事ですね。

好き嫌いなく、食べる事は大好きなので基本的には問題ないのですが、最近はバランスに気を使っています。肉や魚と野菜をバランス良く、ご飯やパンなどの糖質は減らして腹八分を心がけています。

飲む方は、喉の渇きを覚える前にチョコチョコ水分補給するようにして、お茶なども良く飲みます。

呑む方も嫌いではないのですが、ビールや日本酒よりワインや焼酎のお茶割りなどが良いようなので、そうしています。まあ、呑み過ぎはどっちみちダメですよね(笑)。

主人と晩酌することが、多いのですが、同じペースで呑んでいると、ついつい呑み過ぎてしまいます。そんなときは、主人から指摘されると喧嘩になることもあります。この点は反省!

でも、普段のちょっとした意見の違いや言葉の行き違いから喧嘩することは、しょっちゅうあります。お互い譲らず、側からみると大喧嘩にみえることもあるようです。

本人同士は、一本繋がっているものが常に感じられているので、しばらくするとケロッとして普通の会話に戻っています。(笑)

同じ屋根の下で暮らすのですから、我慢我慢ではお腹がそのうち破裂してしまいます。小さな喧嘩で、憂さ晴らししてストレスも解消!

トムとジェリーのように、「仲良く喧嘩しなっ!」でいきたいものですね!

◆Facebookもご覧ください◆

◆はてなブログも更新中です◆

結婚するってどんなこと?

buro1.png

Amber(アンバー)T&I代表の高橋いづみです。

自分自身のことって全て自分でわかりますか?

時々自分でもよく理解できない自分が顔を出して戸惑ったり、新しい発見をしたりするものですよね。

それでも、自分自身の一番の理解者は自分でしかなく、自分が自分を大切にしなくては誰がしてくれるのか?って思います。

そうすると、自分ひとりでいるのが一番気楽で、楽しいのかな?

確かに、ある時期一人暮らしすることも、人間的な成長ということで良いでしょうし、慣れればこんな楽なことはないですね。

でも、ふと寂しいなと思ってしまうことも多々あり、誰かにそばに居て欲しい、話をしたり触れ合ったりしたいとも思うものです。

人間って、わがままで自分勝手なものですよね。それぞれが、その時々で好きなようにできたらよいけど、そうはいきませんね。

人が生きていくということは、苦労することになっているようです、どんなひとでも。

私の好きな作家の山本周五郎も、繰り返しこのことを書き続けています。

それなら、ひとりでなくふたりで苦労してみませんか?

良く言うように、苦しみが半分になり楽しみは倍になりますよ!

◆Facebookもご覧ください◆

◆デジタルツィート更新中です◆