結婚して家庭をもつということ。

BBFB6128-713A-4455-9132-C31DC4D4ACF0.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

恋に落ちた二人は、結婚します。そして家庭を築きます。

家庭とは、人生の土台だと思います。家庭を大切にするということは、自分の人生を大切にするということでもあります。

親子の関係は、どうでしょう。

考えてみれば、飼い主と犬のようなものですね。

犬は最初は鎖で繋がれていますが、成長するにつれて鎖を解いていきます。鎖を解かれて外の世界へ飛び出しても、最後にはまた家に戻ってきます。

鎖なしで、勇気を持って外の世界へ飛び出せるのは、飼い主との強い「心の結びつき」があるからです。

親のもとを子供が離れていくことができるのは、親との強い心の結びつきがあるからです。

心の結びつきは目には見えません。けれどきちんとつながっているから大丈夫。いざというとき助けてくれるという安心感があるからです。

親との信頼関係があるからこそ、あなたもどんどん外の世界にも立ち向かっていけるでしょう。

そうして、あなたも親となり、新しい家族の中で、新たな心の結びつきを作ってみてはいかがですか。

恋愛や結婚が上手くいくために最も気をつけたいこと。

AA4ECA3F-DC5D-4F2C-92CA-5737E5E9178E.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

恋愛中や結婚生活で、時に感情的になってしまうことがあるものです。

パートナーに不満を抱いて、負のエネルギーが生じたとき、感情を表に出してしまうこと、ありますよね。(私たち夫婦は有り過ぎ?笑)

衝動的に怒鳴ってしまったとか、感情にまかせて話してしまったとか、行動してしまったとかいうことです。

人は、感情の生き物と言われます。地球上の生物の中で豊かな感情を持つのは、人だけです。心の沸点が臨界点に達すると、感情が爆発してしまいます。 

こういうとき、どんな結果になるでしょうか。

たいていの場合、後になって「感情的になって恥ずかしい」と思うものです。自責の念を強く持つものです。

感情的になっている瞬間は、理性と自制心が失われている状態、つまり自分が自分でなくなっている状態なので、何をするにも限度を超えてしまいやすくなります。

感情的になったら必ず後悔すると思って間違いありません。

常に心がけたいのは、意志の力です。感情は大切ですが、意志力は更に大切なものです。
どんなときも冷静と落ち着きを心がけ、意志を保つことが大切です。

特に人と対立する場面では、感情的になりやすいため注意が必要です。

どんなに相手の態度が悪くても、自分だけは冷静を保つこと。たとえ相手が興奮して理性を失っていても、自分だけは理性を貫くことが大切です。

誰かと言い争いになったとき、敵はどこに居るのでしょうか?

実は、本当の敵は、自分の心の中にいるのです。

「感情」というのは、暴れだすと手の付けられない魔物です。そのため、感情が暴れ始める前に、平常心で理性を意識して、意志の力で負の感情は抑え込みたいものです。

もし感情が暴れて仕方ないなら、一度冷却期間をおくといいでしょう。

意志力で、理性を取り戻してから再び接触すれば、失敗や間違いを減らすことができると思います。

人生での優先順位。

CCA1AAC7-46A6-4F1D-B555-59D288B27A0B.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

ある大学で、こんな授業が行われたそうです。授業のテーマは「人生の優先順位」というものでした。

大学教授は教壇の上に、大きな壺を置いてから、大きな石を取り出して、壺いっぱいに詰め込みました。

教授は学生に問いかけました。「壺は、いっぱいになっただろうか?」

1人の学生が「はい。いっぱいになっています。」と答えました。

教授は「いや、違うのだ!」と答え、あるものを取り出しました。

それは砂利でした。大きな石は入りませんが、小さな砂利なら壺に入ります。

壺に砂利をいっぱいに入れて、再び「壺は、いっぱいになっただろうか?」と問いました。

別の学生が「いいえ、違うと思います。」と答えると「そのとおりだね!」と教授。

次に取り出したものは、砂です。砂利はもう入りませんが、小さな砂なら入ります。

砂で壺を満たすと、教授は再び「この壺は、いっぱいになっただろうか?」と学生に問いました。

学生達は声を揃えて「いいえ!」と答えました。「そうなんだ!」と答えた教授が次に取り出したのは、水でした。

砂は入らなくても、水なら入ります。壺いっぱいまで、水を入れました。今度こそ、本当に壺がいっぱいです。

教授は「何が言いたいか分かるかな?」と尋ねました。

また1人の学生が「予定がいっぱいになっても、努力や工夫をすれば、詰め込むことができるという意味でしょうか?」と言いました。

「そう来ると思ったよ。でも、違うんだ。」と大学教授が言います。そしてこう続けました。

「私が本当に言いたかったのは『人生の優先順位』だったのだ!」

「この壺が人生だとしてみよう。物事には優先順位があるから、大きなことから順に入れないと、後で入れようとしても入らないのだよ。」

先に砂や水を満たしてしまった後では、大きな石は入れられませんね。そう!物事には、正しい順番があるのです。

貴方にとって、大きな石にあたることは、何ですか?

仕事でしょうか。家族でしょうか。友達や恋人でしょうか。

常に、今しかできない大きなことが、最優先です。

最初に、大きな石を入れましょう!

さもなければ、貴重なチャンスを失うことになってしまいます。

今、貴方の大きな石が、『結婚だ!』という方、私たちが精一杯のサポートをさせて頂きますよ!

恋愛も結婚も人それぞれ。

5F57F1FA-1BF4-45EB-8477-D962915DEF58.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

『恋愛や結婚は、どのようにすれば上手くいくのか?』と直球で聞かれることがあります。この質問の答えは無限にあり、答えは1つではありません。

十人十色と言いますが、人の数だけ様々なタイプの方が存在しますよね。同じように人の数だけ恋愛や結婚の形も存在するということです。

「自分にはこういう恋愛しかできない、だからこんなタイプの人としか結婚できない」...ときどき、このように決め付けている人がいて、残念に思うことがあります。
 
しかし、実際は自分にはもっともっと可能性があるのに、経験をしていないために知らないだけなのです。

今までたくさんの方のカウンセリングをしてきましたが、どれ1つとしてまったく同じ内容のご相談ではありません。また、そのときそのときで感じ方も違えば、考え方も変わってきます。

答えは常に変動し、無限にあるという心の広さを持つことが大事だと思います。

そうすると、いろいろな人を受け入れられるようになり、ささいな恋のトラブルや暮らしの中でのすれ違いがあっても、寛大な目で見られるようになります。

恋愛も結婚も、決まりきった1つの答えにしがみつくことではなく、すべての答えをまるごと受け入れてしまう心の広さがあれば上手くと感じます。

人を好きになること。

6F9DF864-B781-4768-874B-3C2AF5818BB1.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

人を好きになるということは、「相手の人を幸せにしたいと思うこと」なんだと思います。

「あの人が好き」=「あの人を幸せにしたい」

人を好きになることは、すべての人が持つ人間の基本的な欲求です。それは、つまりすべての人の内面に人を幸せにしたい欲求があるということです。

これはとても素敵で素晴らしいことですよね。世の中には、いろいろな人がいますが、みんな心の奥底には「人を幸せにしたい欲求」を持っているのです。

人が生きているということは、誰かを幸せにしたいと思うことなのです。

もし、自分の働きかけによって、誰かが幸せになれば、自分も幸せを感じることができます。結果、自分も幸せになれます。それは、人として生きがいに繋がることだと思います。

そう思うと、人間の生は、なんて素晴らしいのだろうと感じることができます。

あなたも、誰かに幸せになってもらいたい気持ちを、もっともっと表に出したらどうでしょうか。

そうすれば、人を幸せにすることに、あなたの人生の喜びを見いだすこともできるでしょう!

自信を持って「あの人を幸せにしたい」と言えるようになりましょう!

堂々と人を好きになって、新しい人生をスタートさせましょう!

告白失敗...でも大丈夫!

357EFE27-9CE5-4D42-B75F-B28134FA5E79.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

勇気を出して告白をしたところ、残念な結果が返ってきました。

「ごめんなさい。タイプではありません」

そう言われれば、誰でもがっかりして、胸の痛みを感じるでしょう。

人生の大きな辛い失敗のように思えますが、本当にそうでしょうか?

考え方によっては「振られてよかった」とも言えます。

「正直に接してくれた」「嫌々付き合わなくてよかった」と考えられないでしょうか。

何かひどい仕打ちを受けたわけではありません。相手はただ、正直に接してくれただけなのです。

無理にイエスと言わせて付き合わせたところで、最終的には、お相手を不快な気持ちにさせて、自分もそうなるだけなのです。

「嫌々付き合わなくてよかった」と思えば、ポジティブな返事が返ってきたと考えられます。

もしイエスでもノーでもない曖昧な返事が返ってくれば、もやもやとした感覚が残り、かえってどうしてよいか分からなくなりますよね。

正直に言ってくれたから、時間を無駄にしないで済んで、次の恋愛に向かっていけるのです。

自分としては、やるだけのことをやったのです。勇気を出したことに誇りを持って、すっきりした気持ちになればいいのです。

恋愛上手は、告白して振られても、前向きにとらえます。告白して振られても、人生が終わったわけではありません。

恋愛の終わりは、新しい恋愛の始まりでもあります。

気持ちを切り替えて「さあ、次の恋愛に向かうぞ!」と考えましょう、その先には幸せな結婚が待っています!

でも、「どうしても次のお相手が見つからないなぁ~」という方!そんなあなたは当相談所までどうぞ。

たくさんの候補からきっと次が見つかりますよ!(^▽^)/