運命の恋ってある?

1840F255-24DD-481B-BFC4-C993A764DA20.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

「出逢うべき人にちょうど良いタイミングで出逢えるようになっている」と、ある本に書いてありましたが、あなたはどう思いますか?

「この人と一生を共にするために私は生まれてきた!」と感じるような感覚でしょう。

人は運命の人と巡り逢うために、頑張って努力しているのだと考えると、頑張りがいがあるというものですね。でも、我慢に我慢を重ねたり、ただ我武者羅に滅私奉公的に頑張っても疲れるだけです。

『何のために生きていくのか』という人類の根源的な疑問にぶち当たると、とたんに思考停止になってしまいがちですが、最近思うことは、生かされていることに心から感謝し、笑って楽しく、自分が好きなことをして生きていくことだと思います。

自分に与えられた人生を精一杯生き抜きたいですね。

そうなると、3つのことを考えてみる必要があります。

1つは、「才能」です。
ご自身の才能をどこまで認識されてますか?あなたの持っている才能は、あなたの心を豊かにして自分自身を大切にするように導いてくれます。才能を使って人を幸せにすることができます。人を幸せにすることで、運がぐるぐる回って、結果自分が幸せになれます。

2つ目は、「時間」です。
与えられた命の時間を最大限に活用したいものですよね。貴重な時間を喜びとともに使い、魂磨いていきたいものです。もし、あなたがひとりの方を心から愛したいと思ったら、時を惜しまず、心を込めて寄り添うことです。成し遂げたい仕事には、夢中になって全力でぶつかっていけばよいのです。

3つ目は、「気づき」です。
それは今この瞬間が、幸せであるということに気づくことです。美味しい、美しい、気持ちが良い、等々、素直に自分自身で気づくことです。感性を研ぎ澄ませて、好奇心一杯に自分の内面を見つめてみる。それから、散歩にでも行くと外界からの刺激が新鮮に感じられ気づきが更に拡がっていきます。

こうして、与えられた「時間」の中で、自身の「才能」「気づき」さえすれば、これらを精一杯活かして生きていくことができます。

自分に与えられたものに感謝し、前広に準備できれば、運命の恋に出会えるものです。自分自身の意識が変わり、成長し、人生を歩んでいけば良いと思います。あふれる感謝は大きな幸せをもたらしてくれるはずです。