土俵に立ってチャレンジしてみませんか?

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

当相談所で成婚退会された30代男性Yさんは、会社で1日中パソコンと向き合っているという方でした。結婚するまでは、挨拶以外は、丸一日、誰とも口を聞かない日がほとんどだったそうです。

確かに、あまり会話をしなくてもいい職業が増えていますよね。必要がなければ、人と話もしないし、そもそも話すことなど必要ないと考える人もいるでしょう。

でも、ちょっとした世間話すらできないとなると、いざ結婚したいと思っても、異性と会話することもままなりません。

実は、Yさんも入会当初は、異性との会話がとても苦手な方でした。Yさんに限らず、会話する機会そのものが、昔に比べるとかなり少なくなってきましたよね。もうすっかり「コミュ症」という言葉が一般化するほど、コミュニケーション不足の時代です。

そうやって、出会いの場や、人とのかかわりが減る一方ですから、人と揉まれたりすることも少なくなってきています。ネットなんかも出てきて色々なコミュニケーションのやり方も増えて、実際にお会いして会話することや、電話する回数もかなり減っています。

人との会話を練習する機会もほとんどありませんから、例えば、人見知りの独身の方が、自然に人見知りがなおる、なんていうことも難しくなってきています。

そういう意味で、自力で結婚できる環境や、素養を身につける、出会いを開拓する、ということが大変難しくなってきているというのが今の現状です。

恐がりで気の小さい男性も増えています。女性とのやりとりの中で「そんなこと直接言えばいいのにな~」ということが、なかなか言い出せません。

しかし、無理もありませんね。例えば、一般のサラリーマンの職場でのやりとりでも、パワハラだのセクハラなんかの問題で、一切個人情報が聞けないようになっています。それこそ、隣の人に声をかけるのも上司の許可がいるとかいらないとか・・・。苦笑

女性に好意を持っていても「これを言ったら嫌われちゃうかな?」などと、あまりにも考えすぎて、話をしないで、最後は黙ってしまう男性も、結構多いようです。

そうなると、女性は、そのはっきりしない行動や反応を不愉快に思ったり、ストレスに感じて、「どっちなの?」「はっきりしてよ!」と言いたくなってしまうことも結構あるようです。

そうやって、人とのかかわり方を、どうやってやればいいのか分からない人達が大変増えています。当相談所では、日頃から慢性的なコミュニケーション不足に陥ってしまっている人には、「人と会話すること」「伝えること」を、しっかり意識するようにアドバイスしています。

いずれにしても、時代は大きく変わっています。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、約50年前の1970年の生涯未婚率は3%でした。しかし、2015年には、なんと23%にもなっています。

つまり「100人に3人」だった未婚率が、「4人に1人」というところまできています。さらに、これが2025年になったら、今までの流れからすると下手すると33%になってしまう可能性があるくらいの数字になっています。

生涯未婚率が「3人に1人」ということです。「4人に1人」だったのが、10年で「3人に1人」になってしまう可能性があるということです。

なんでか?というと、1970年に3%だった生涯未婚率がが、2000年には既に12%にもなっていて、たった15年の間で10%も上がっているのです。これは、このあたりで大きな社会変化が結構あったということと関係しているようです。

このように、数字からみても、今はとにかく結婚するということが、当たり前とか自然なことではなくなってきています。知人や友人からの紹介もそう簡単ではなくなっています。仕事も収入も何が起こるかわかりません。そういう不安な世の中になってしまって、結婚することが非常に難しくなっている時代なのです。

じゃあ、「結婚を希望する人はどうすればいいのか?」というと、実はやる必要があるのは、たった2つだけです。

ひとつは、「★土俵に立ってチャレンジすること」そしてもうひとつは、「★適切なフォローとサポートをうけること」この2つにつきるのです。

★「土俵に立ってチャレンジすること」とは、どういうことかと言うと、結婚する意欲を持って、結婚しよう!と思っている人と出会う、出会い続けることです。

★「適切なサポート・フォロー」というのは、結婚とか、出会いに繋がるサポートやフォローをご自身に合わせて受ける、ということです。

単純に、やることは、たった2つだけと言いましたが、もし「やらない」と、どうなるかと言うと、運任せとか、行き当たりばったりとか、そうやっているうちに時期が過ぎてしまうと、可能性は『ゼロ』に近づいていってしまう...という状況になってしまいます。

逆に、このたった2つのことを「やる」と、試行錯誤しながらも、弱点とか、悩みとか、コミュニケーション力もアップしたり、当然、自分自身も高められますし、パートナー候補者の紹介も受けられます。

例えば、当相談所ですと、6万人から、そういう結婚を希望する方々と出会うという可能性と、土俵でチャレンジすることができる、というのがAmber(アンバー)T&I の特徴です。

「土俵に立つこと」そして「フォローやサポートをうけること」これが、結婚するために一番の近道になるということを、まずは押さえておくと良いと思います。

Amber(アンバー)T&I の特徴は、おひとりおひとりに合った「特別」で「適切」なフォローやサポートです。特別なフォローとは、当相談所の「スペシャルコース」の場合ですと、まずおひとりおひとりに合ったオリジナルサポートをしているということです。特別な事情をお持ちの方や、性格やタイプに合わせたサポートが受けられるということです。

ちなみに、Amber(アンバー)T&I に関しては、大手の良さでいえば、例えば、システムがあるとか。ネット婚活の良さでいうと、ボリュームが多いとか。趣味でやっているおばちゃん結婚相談所の良さだと、世話好き、小回りが利くとか。、、そういう色々な良いところ、悪いところがあるんですけど、その「良いとこ取り」の親身なサポートを行おうと思ってやっています。

そういうフォローによって、結婚難の時代でも、結婚が可能なサポートと、それが実現するよう一生懸命に取り組んでいます。

今はもう、結婚というのは、自然に当たり前にできるものではなくなっているぶん、そういう適切なフォローをうけて、結婚がしやすくなるサポートが必要な時代です。そういう形で婚活を真剣に取り組まれている方々が私の周りには実際にいらっしゃいます。

ちなみに、私がこの婚活の仕事をさせていただいていて強く思うことは、結婚することも、社会生活を送るうえでも、コミュニケーション力とか、自分に対する自信とか、自分を知るということが、とても大事なことなんじゃないのかな~と感じております。

最初にお話した男性会員Yさんも、継続的に意識改革だったりレベルアップを含めたサポートをうけながら、苦手なコミュニケーション力も少しづつ身につけ、見事成婚退会をされました。奥様との相性もばっちり、昨年末には待望の赤ちゃんも生まれました。私にとって、この仕事をやらせていただいて本当によかったな~と心から思える瞬間でもあります。

結婚を強く希望される皆さんも、ぜひ、土俵に立ってチャレンジしてみませんか?

Amber(アンバー)T&I の、特別で適切なサポートとフォローをうければ、たとえどんな逆風が吹いても、時代が厳しくても、可能性は必ず拓けていきます。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいね。

bnr_no1_member_seikon_400.png

お店も商売も活気づく? ご子息の婚活のススメ

121B73C7-D414-4C65-B0FE-BA7EC72171C8.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

本日は、神奈川県麺類生活衛生同業組合そば会館にて、当相談所ともイベントなどでご一緒させて頂いている「出張そば打ち楽常」 さんからのご紹介で、神奈川県そば組合の新年会にお招き頂き、新年1回目の講習会をさせていただきました。

タイトルは『お店も商売も活気づく? 〜ご子息の婚活のススメ〜』ということで、独身のご子息を持つお蕎麦屋さんの経営者様に向けて、

~ご子息の「婚活」と「コミュニケーション力アップ」で、お店や商売に活気を与え、繁盛と幸せにつながれば!~というテーマで、当相談所で活動された個人経営者(飲食)の成功事例も複数織り交ぜながら、約1時間お話をさせていただきました。

また、楽常さんがご用意してくださったお酒や美味しいお料理を食べながら、とても楽しい雰囲気の中、ラストは(楽常さんからのお問い合わせもあり)私がライフワークとしておりますシャンソン「歌」も、皆様に一曲お届けさせていただいて、お陰様で大変和やかなムードで終えることができました。

改めまして、出張そば打ち楽常さま、並びにこうした場を提供して下さいました神奈川県そば組合の方々に、心より感謝申し上げます。

➤良かったらこちらをクリックして「そば打ち楽常」さんのブログもお読み頂ければ幸いです

そして、今回のお蕎麦屋さんに限らず、最近は独身のお子さんを持つ親御さんやご兄弟の方からのお問合せや相談が大変増えています。

Amber(アンバー)T&Iでは、親御さんやご兄弟の方にも、今どきの結婚事情や婚活にまつわる現状、結婚相談所のシステムや、私ども仲人型結婚相談所ではどんなサポートやフォローが受けられるのかなど具体的にご説明をしております。ご理解、納得いただいたうえで、是非ご本人様にもお声かけして頂ければ、無料で三者面談も行っております。

もちろん、すぐにご入会頂かなくても大丈夫です!お気軽にご連絡くださいませ。