その他大勢から特別な人へ

BD708020-6DF7-482F-B959-82032976A45C.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

たとえば男性が、女性をデートにさそうとき、どうすれば成功率が高まると思いますか?

実は、名前を呼んで誘ってみること、たったそれだけです。

人間って、誰かに名前を呼ばれで、はじめて個人としての自分を認識するそうです。

ですから、「今度、美味しいケーキを食べにいきませんか?」とか「あの映画とっても面白そうですね、一緒に観に行きませんか?」では、自分だけというような個人としての認識にはならないようです。

名前で呼ばれなければ、「あっ、この人は、私という個人ではなく、大勢の中のひとりとして私を扱っているんだ」というような解釈をされてしまいます。

親しくなりたくて誘っているのですから「〇〇さん!今度、美味しいケーキを食べに行きませんか?」「あの映画、面白そうですね、〇〇さんも一緒に観に行きませんか?」などと言い換えたほうが、断然、成功率も高まります。

名前を呼ばれるということは、「その他大勢の中の私」から、「特別な存在の私」という解釈に変わります。

「なに食べたいですか?」より、「〇〇さんは、なに食べたいですか?」のほうが、「私のことを優先してくれているんだな、嬉しいな」と、思ってもらえて、お相手との心の距離もグッと近づくというわけです。

とにかく、名前を読んだぶんだけ、お相手と親しくなれるのです。使わない手はありませんよね。

もちろん、最初は苗字からで構いません。

お見合いの時も、最初と別れ際のあいさつも、必ずお相手の苗字を口にしてみてくださいね。あなたの印象は更に良くなって、また次もお会いしたいと思ってもらえるはずです。

そうして、デートを重ね、徐々に親しくなってきたら、お互いに名前やニックネームで呼べるようになってくれば、より一層二人の心の距離も近づいたきたという証拠です。

ぜひ、トライしてみて下さいね!

ドライブデートで親密度アップ!

A9FEC384-6478-4E22-A42B-989C9D2ECE8A.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

緊急事態宣言が解除されて以降、私たちは新しい生活様式を求められ、感染リスクを抑えるためにソーシャルディスタンスを意識するようになりました。

さて、そもそも人にはそれぞれパーソナルスペースというものがありますよね。

猫でいえば縄張りのようなもの。他人に入られると不快に感じる距離のことです。

よくあることと言えば、満員電車などで知らない人とくっつくと、誰しも嫌~な気持ちになりますよね。これは、赤の他人が自分のパーソナルスペースに侵入したと感じるからだそうです。

ところが、ある程度、親密で信頼できる間柄だと、相手が自分のパーソナルスペースに入ってきたことによって、より親密な関係になるそうです。

その距離は50センチくらいと言われ、具体的には車の運転席と助手席との距離がそれにピッタリはまるそうです。

ということで、婚活も、ある程度仲良くなったお二人が更に親密度を上げるには、ドライブデートがおススメだということが言えるのです!(^▽^)/

交際中の皆さん、ぜひ!コロナ禍デートにぴったりな秋のドライブデートを楽しんでみてくださいね。