短期間で成婚退会する人の特徴は気遣いと感謝。

thumbnail_IMG_3271.jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

当相談所で今年1月から活動スタートした20代女性Yさん。

これまで、仮交際中のお相手男性が数名いらっしゃいましたが、そろそろ、その中のおひとりに絞って真剣交際に入りそうな段階にきています。

そんなYさんも、この先いずれ迎えるであろう成婚退会ですが、半年以内で結婚相手を見つけていく人の一番の特徴は、やはり明るいことです。

とにかくYさんは、いつも底抜けに明るいのです。こんなこと言うと申し訳ないのですが、正直とりたてて美人さんというほどでもないのですが、とにかく明るく笑顔が素敵な女性です。

何と言っても、Yさんは、私たちのようなプロの婚活アドバイザーに頼ることがすごく上手な方です。どう頼ったらいいのかというポイントもしっかりと押さえています。

たとえば、私たちアドバイザーに質問をする時も、必ず、回答しやすい質問をしてきます。これは、相手がアドバイザーであれ何であれ、日頃から相手の立場や気持ちを汲み取るという気遣いができている証拠です。

ちなみに、自分のことしか考えていない会員さんからは、たまにものすご~い質問攻めの長文メールをいただくことがありますが、もちろん彼女からは、そんなことは一切ありません。

Yさんからのメールは、原則、1件のメールにつき、ひとつの質問です。

当然、こちらもひとつの回答で済むのでスムーズです。もちろん、私たちからの回答があるまでは即さず待ちの姿勢です。

長文や、メールで相談しにくい内容の場合は、Zoomや電話相談に切り替えて相談をしてきます。

さらに、短期間で成婚しやすい人は、Yさんのように感謝の気持ちがある人です。

たとえば、Yさんの場合、お見合いの取り次ぎや、日程調整などで私たちとやりとりする中でも、「いつもお取り次ぎありがとうございます」「いつもご調整ありがとうございます」などと、やってもらって当たり前というスタンスではなく、私たちアドバイザーへの感謝の気持ちを忘れません。

おそらく、日頃から、どんな時でも、接するお相手への感謝の言葉を伝えるということを心がけているからでしょう。

質問や相談事があるときも、メッセージの最後に「お返事は、お時間があるときで構いません」などと、私たちアドバイザーへの配慮も忘れません。

こんなふうに、相手の立場や気持ちを汲み取る、気遣いができるYさんのような女性なら、婚活中のお相手男性からも好感度が高いのも当然です。

私たちも、彼女の優しさや思いやりが実際に伝わってくるので、お相手相談所に対しても自信をもって彼女を紹介することができます。

このように結婚相談所の活動で、短期間で成婚をつかむ人の特徴は、日頃からどんな相手に対しても気遣いと感謝の気持ちがある人です。

ぜひ参考にしてみて下さいね。(^▽^)/

婚活では相手の気持ちを汲み取ること!それが成婚への一番の近道です。

thumbnail_IMG_3272.jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

婚活中の男性の中には、他人とのコミュニケーションが苦手という方が結構いらっしゃいます。

お見合いで、どうやって話をしたらよいのか分からず、自分の話を一方的に話してしまったり、恥ずかしくてお相手の目を見て会話が出来なかったり、シーンとなる沈黙の時間が辛くて、言わなくていいことまで言ってみたりして...。

中には、プロフィールを読み込んで、「これを聞かねばならない」「あれも聞かねばならない」「この話をしなければならない!」「あの話もしなければならない!」などと、あまりにも気合いを入れ過ぎていっぱいいっぱいになってしまう男性もいるようです。

そういう準備や一生懸命さも大切です。しかし、もっと大切なことは、相手の気持ちを汲み取るということです。いわゆるお相手に対しての「気遣い」ですね。

ある男性会員さんからお見合いの報告をもらった時のお話で、

「今日は、話も弾んでとても楽しい時間が過ごせました!交際希望です!」

しかし、お相手からはお断りの連絡が...なんていうようなことがありました。

同じようにやはりこの男性も、他人とのコミュニケーションが苦手なタイプの方なのですが、ご本人のお話を伺う限りでは、いつになく楽しく盛り上がっていたはずなのに、、いったいどうしてお断りをされてしまったのでしょう?

たしかに、お見合いで楽しい時間を過ごすということは大切なことです。しかし、そこには、どちらか一方だけでなく、お互いがお相手に対しての気遣いや優しさ、思いやりを持って接する必要があります。

そう考えれば、答えは簡単ですね。なぜこの男性が楽しい気持ちになれたのかというと、お相手の女性が話しやすい雰囲気を作ってくれたり、気遣ってくれたり、思いやってくれていたからなんですよね。

どうやらこの男性は、そうしたお相手の気遣いに気づくことなく、自分だけが楽しい時間を過ごしてしまったようでした。

いま、目の前のお相手が、どんな気持ちで自分と接してくれているのか、お相手の気持ちを汲み取ることができずに、ただただ自分だけが一方的に楽しんでいた、というわけです。

この男性のように、自分が「いいな~」と思ったり、「楽しかった~」と思えたお相手から、もし、お断りをされてしまった場合には、必ずなにかしらの原因があります。

そんな時は、たとえば、日頃の自分の行動パターンを振り返ってみると良いと思います。

あなたは、会社の同僚であれ、知人であれ、ご家族であれ、相手の立場や、気持ちを汲み取ったり、気遣うことができていますか?

もし、あまり出来ていないようでしたら、すぐに心がけてみることです。

最初は難しいかもしれませんが、それが徐々にできるようになってくれば、接するすお相手に対しても自然に感謝の気持ちが湧いてきます。

感謝や配慮が出来る人になってくれば、どんなお相手からでもあなたの好感度はグッと上がります。

婚活でも、他人に対しての思いやりや配慮がある人であれば、その人柄がお相手にも伝わり、それが成婚への一番の近道となります。

当相談所では、お相手の気持ちを汲み取ることに慣れていない方や、どうやったらいいのか方法が分からない方へのアドバイスや、サポートも得意としております。

結婚を真剣にお考えの方は、ぜひ一度、無料カウンセリングを受けてみて下さいね。Zoomでのカウンセリングも承っておりますので、お気軽にどうぞ!(^▽^)/

婚活は女性が積極的なら展開もスムーズです。

thumbnail_IMG_3095.jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

エスコートされるのが当たり前!という女性より、自らがエスコートできる女性のほうが断然モテると思います。

特に婚活は、女性の方が積極的だと展開もスムーズですし、間違いなく成婚率も高まります。

リードできる女性であれば、たとえば人見知りや口下手で恋愛経験の少ない男性にとっても、とてもありがたい存在となるでしょう。

レストランの予約は「男性がするもの」と決めつけている女性もまだまだ多いようですが、たとえば仕事で忙しい男性にとっては、「女性のほうから〇〇が食べたいから、〇〇というお店に行ってみませんか?」などと提案してもらえたら、どうでしょう?

すご~くラクですし、ついでに予約までしてもらったときには、それはもう、相当嬉しいはずです。

婚活は、実際に見えないライバルたちとの戦いです。

そういう心遣いができる女性であれば、男性は他の女性との違いに感心して、きっとあなたに好感を持ってくれると思います。

今はすっかり男女平等の時代になっているはずですが、恋愛や結婚となると、「女は待っているもの」という思考の女性がまだまだ多いようですね。

それでいながら、「お店選びのセンスがイマイチだった」などと、後から文句を言ったり、お店のレベルで相手の気持ちを量ろうとしたりする人が多いです。

そんなことなら、はじめから行きたいお店を自分から提案してみれば良いのです。

デート中にも「また会いたいな!」と思えたら、積極的に女性のほうから次のデートのお誘いをして、お会いしているその日のうちに日程を決めてしまうのが一番スムーズです。

お相手の好きなもの、興味があることなどを上手に察知して、「今度は〇〇へ行ってみませんか?」などと、押し付けず、あくまでもさり気なく、誘ってみるのがベストです。

婚活はプロフィール写真で100%決まります。

thumbnail_IMG_3124.jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

婚活は、写真で「100%決まります!」といっても過言ではありません。

今や、プロフィール写真をフォトスタジオで撮影するのは常識だと思います。もちろん、当相談所でも会員さんのタイプやお住まいなどに合わせた提携スタジオを其々ご紹介させていただいております。

プロのカメラマンが撮った写真は、素人とは明らかに違います。イメージ的にはいつもの自分より2割とか3割増しで素敵に写ると期待していただいて良いと思います。

だからと言って、たまに、他相談所の会員さんで、かなりはりきり過ぎて有名芸能人並みに写っていらっしゃる人をお見かけすることがありますが、あまりにも良すぎる写真もよろしくありませんので、ご注意を。

もちろん当相談所の提携スタジオでは、多少の写真の修正は行いますが、そうはいっても、簡単なレタッチ位しか施しませんので、明らかに「別人」という風にはなりません。ご安心ください。

とは言え、「これがいつもの自分だから」などと言って、仏頂面で無表情のまま写ってしまうのは絶対にNGです。

大切なことは、お顔のパーツは変えられませんが、男女問わず、笑顔で写っているお写真が一番魅力的で、お相手に最も選ばれやすいということです。

特に女性は、プロのヘアメイクさんの力で輝きが増します!普段メイクしない人や、あまりメイク慣れしていない人程、その差は歴然です。

女性なら、皆さん、「綺麗になりたい!」という願望を持っていると思います。撮影前に素敵にヘアメイクしてもらえば、当然、テンションも上がって、表情も自然とイキイキしてきます。

写真はとにかく表情が大事ですから、とびきりの笑顔を心掛けましょう!上の歯を8本、いやもっと見せるぐらいのイメージで笑っちゃってください!ちょっとやりすぎかな?と思うくらいで丁度良いです。

一方、男性はというと、女性のようにより魅力的に見せるメイクは必要ありませんが、撮影用ヘアメイクは必須です。化粧下地やファンデーション、眉を整えたり、眉の薄い部分や左右対称でない箇所をペンやパウダーで足していきます。

男性は眉毛によって印象がだいぶ変わってしまいますので、ここは重要ポイントです!

気をつけたいのは、カサカサ唇はNGです。リップクリームを塗って潤いとツヤ感を出すことも大切です。

選ばれる男になるには、男性も女性と同じように爽やかな笑顔の写真を撮ってもらうことがなによりも大切です。

最初は、慣れない撮影に緊張する人も結構おられますが、心配しないで大丈夫。何と言っても婚活カウンセラーの私たちの存在が大きいです。

お相手目線のプロであるカウンセラーの私たちが同行すれば、確実に良い写真の仕上がりになります。

婚活するにあたって写真は最も大事です。最初にも言いましたが、写真が「あなたの運命を決める!」と言っても過言ではありません。

当相談所では、あなたが、結婚したいお相手にどう思われたいのか、そのお相手とどんな結婚生活を送りたいのか、そのためにはどう変わらなければならないのか、など具体的な外見(見た目)から内面まで、時間をかけてアドバイス・サポートしています。

そのうえで、あなたに合った笑顔やポージングの練習、ヘアメイクや服装のアドバイス、買い物や美容室同行まで、私たちが『プロ目線』で、すべて入会時には無料でお手伝いさせていただいております。

いくらプロのヘアメイクさんやカメラマンにお願いしても、カウンセラーの私たちの存在がなければ、あなたの魅力を120パーセント引き出すことは不可能です。

私たちからのプロのアドバイスを『素直』に受け入れ、しっかり『実行』できる人ほど成功率もグっと高まります。

時々、新規の会員さんで「撮影はひとりで行けるから大丈夫です」とか、「衣装選びや買い物は自分で好きなものを用意します」などと、仰る方もいらっしゃいます。

たしかに、大人ですからね、ひとりで買い物もスタジオにも行けますね。

でも、たとえば一人で撮影に行く場合は、どうしてもメイクさん任せ、写真撮影もカメラマン任せになってしまって、『婚活が上手くいくための写真』が撮れない場合もあるんです。いや、ほぼほぼ撮れないと思っていただいて良いと思います。

また、撮影後の写真選びの際も、会員さん自身で好きな写真を選んでしまうことになりますから、(あなたが理想とする)お相手目線ではない写真で婚活を始めることになってしまいます。

お相手目線のプロでもあるカウンセラーの私たちが、あなた自身の顔立ちや雰囲気を活かすような衣装や髪型やポージングで撮ったお写真は、おかげさまで大変好評をいただいております。

あなたも是非、ご自身の最高の魅力が表現された素敵なお写真で、婚活を成功させてみませんか。一緒に頑張りましょう!(^▽^)/

結婚できないのは誰のせい?

0ACF58B8-5B88-4284-A3FC-5BA9B6C49C27.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

彼から、なかなかプロポーズをされずに悩んでいる女性が結構多いようですね。

女性としては、ある程度の交際期間を経て、彼からプロポーズされて結婚するのが一番の理想ではないでしょうか。

なのに、どうしてプロポーズしてもらえないのでしょうか?

彼と結婚できない理由って、なんなのでしょう?

もちろん、様々な理由があるとは思いますが、、、

「仕事が忙しいから」とか、「転職して間もないから」とか、「収入が少ないから」などなど、理由をすべて彼のせいにしている女性が、結構多いように感じます。

でも、本当に、上手くいかなかい理由って、すべて彼にあるのでしょうか?

もしかしたら、あなたが、彼から「結婚したい女性」だとは思われていない可能性はありませんか?

本来、男性って、「この女性を手放したくない」とか「誰にも取られたくない」って思ったら、仕事とか、収入の状況とか、一切関係なく行動する生き物なんです。

なのに彼がそうしないということは、残念ながら、単純に、あなたがそう思われていないっていうことかもしれませんね。

あなたは結婚したいと思って付き合っているのに、彼にはその気持ちが全くない。。。結婚の話題をきり出しても、なんとな~くはぐらかされてしまう...。

切ないですよね。。。

けれど、それって、結局は自分でどうにか変わろうとしない限り、いつまで経ってもなにも変わらないと思うのです。

相手のせいにしているっていうことは、相手に変わってほしいと思っているということです。

しかし、他人をコントロールすることなんて、、、できませんよね。自分の意志で変えることができるのは、自分自身のことだけです。

なので、結婚できない理由って自分にあるのかも?...と考えてみたらどうでしょう。

ちなみに、男性は「貴女のここが嫌いだから」とか「結婚する気はないから!」などと、はっきり口に出して言うことは、まずありません。

なぜなら、男性は、基本的に女性に嫌われるのを恐れているからです。

男性にとって恋人がいる環境というのは、とても都合の良いものなのです。それをわざわざ壊そうとする人なんていないのです。

恋人という関係は、とにかく自由です。それでいて男性は自分にとって都合のいい関係でいられるわけですから、そのままの関係を継続したいと思って当然でしょう。

そういう男性の考えに対し、女性は彼を失いたくない、嫌われたくないという思いから言いなりになって、言いたいことも我慢して、どんどんどんどん彼を甘やかしていってしまうのです。

結果、結婚の話を出さなくても、「離れることはないだろう」と、彼を安心させてしまいます。

そう。。。あなたにも原因があるのです。

そして、対等な関係ではなく、どちらか一方が我慢する恋愛はいつか必ず壊れます。

相手にどう思われようと、自分の意志を伝えることができなければ、あなたは一生その男性に軽んじられてしまうのです。

だから、もし、そのお相手と結婚したいと思うのなら、まずは自分と結婚する意志があるのかどうか、勇気を出して聞いてみましょう。


「ない」とか「先延ばし」の答えであれば、それがたとえあなたの一番つらい選択だとしても、彼とは一度お別れしたほうが良いと思います。

「私だっていなくなるんだよ~」と思わせるのです。

そうなった時に、ハッキリと彼の真意を知ることができます。

そうして、一度きっぱりと離れたうえで、もしあなたにとっても、彼にとっても、お互に必要な存在だったと改めて感じることができれば、もう別れたり、結婚したりの駆け引きは必要ありません。結婚を前提としたお付き合いへと変わるはずです。

こんな風に、恋愛に限らず、何かうまくいかないときは、その理由はたいてい自分自身にあるのかもしれません。

どんなに親しい間柄でも、相手を変えることはできないものです。何事も自分が変わる方を選択することが、解決への近道となると思います。

婚活で自分と同じ趣味の人を選ぶときに気をつけたいこと。

B0FCB630-8A29-4F7D-829C-EBFC41AF775F.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

婚活でお相手探しをするときに、自分と同じ趣味の人を選ぶ人って結構多いと思います。趣味が合う人だと、なんとなく最初から親近感がわいてきますよね。

当相談所の会員さんを見ていても、たとえば、人見知りでおとなしいタイプの男性だと、特にそういう傾向が強いようですね。

アニメが好きな男性なら、同じようにアニメを観るのが好きな女性とお見合いができれば、なんだか得した気分にもなりますよね。楽しい時間を共有できて、一体感もわきやすいと思います。

お相手の女性が同じ趣味であれば、人見知りで大人しい男性でも、話をすれば必ず盛り上がると思いますし、意見が一致することも多いと思います。共通の話題があるので、気楽に会話もできるし、会話に困ることもありませんよね。

上手くいけば、親密度もぐっと増すような気分になります。特別な連帯感もわいてきて、どんどんどんどん関係も深まり、見事大成功!!とばかりに、ご成婚につながったカップルもいらっしゃいます。

とはいえ、決して成功談ばかりではありません。気をつけていただきたいのは、お会いしている時間すべてが、趣味の話で終わってしまわないようにすることです。

最初のころは、あまりにも話が盛り上がるので、当然、トントン拍子で次のデートにも繋がりやすいです。しかし、途中で、実は、肝心な二人の将来のことについては、ほとんど話をすることもなく、「趣味のことしか話題になっていなかった~!」なんていうことも実際にありますからね。

好きな話題で楽しい時間を過ごすということは、お互いの距離もぐっと縮まって大切なことです。

ただし、仕事や住まいや家族のことなど、二人の将来のすりあわせができてなければ、ふと冷静になった時に、たとえば「楽しい時間を過ごせていたのは、単純に同じ趣味同士だったから?」とか、「別に相手がだれであっても盛り上がっていたのでは?」などと、一気に気持ちが冷めてしまったカップルも過去にはいらっしゃいました。

人は、誰しも、考えとか趣味が同じ人に好感を持つ傾向があると思います。でも、それは、とっかかりの情報の一部でしかないということも知っておくといいと思います。

同じ趣味でなくても、お相手の好きなことに理解できれば良いのです。

私たちの場合は、趣味が全く同じというよりも、むしろ「各々違った趣味をもっている」ぐらいのほうが、案外、面白いんじゃないのかなぁと思っています。

なんでか?っていうと、パートナーの趣味が自分の趣味と違っていたほうが、知らなかった世界がまたひとつ拓けるからです。

そして、もしお相手の趣味に自分も興味がわいてきたら、すぐそばに専門家がいるわけですから、教えてもらったり、一緒にやってみたりできますよね。なんだかとっても得した気分を味わえます!(^▽^)/

もちろん、同じ趣味同士で楽しい時間を過ごすことも理想だと思います。けれど、まずは、その先の結婚へ向けての将来のすりあわせや、なんでも話し合える関係性を作るということが最優先です。

「趣味が合うから、話が合うから好き~!」という勢いだけでなく、「この人となら、どんなことがあっても共に将来を歩んでいけると思えるかどうか」という視点を忘れずに、実りある交際を進めていってくださいね。

婚活男子がいつもの自分を見せはじめたら

IMG_2690 (1).jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

交際初期は、デートのたびに違う服を着てきて、「彼ってすご~くセンスがいいなぁ」なんて思ってとても嬉しかった。そして、いろいろなお料理のお店も探してくれてご馳走もしてくれた。

そんな感じで、お相手男性とは、毎回会うたびわくわくドキドキの連続だったのに...。

それが、真剣交際に入った途端に、いつも同じような格好で、いつも同じような定食屋さんや、馴染みの居酒屋さんにしか連れて行ってくれなくなった...。

「交際初期のころには、もっといろいろ気をつかってくれたのに~!」と、女性が不満を爆発させて、ときどき大喧嘩になってしまうカップルがいます。

だんだんとお互いの距離が近づいてくると、特に男性は、安心して緊張感がなくなってきてしまうのでしょう。

たしかに、女性からすれば、ネイルへ行ったり、美容室にも行ったりと、「私はこんなにも努力しておしゃれしているのに、彼ったらひどい!」・・・

そのお気持ちは、よくわかります。一生懸命頑張っているのが自分だけだと思うと、なんだかみじめに思えてきたりしますよね。

でも、それって誤解なんですよ!単純に男女のすれ違いなんです。

女性は、自分の好きな男性に、いつも素敵な自分を見せたいものですよね?

しかし、それに比べてほとんどの男性は、好きな女性に対して、「いつもの俺」、「いつもの素の自分」を見せていきたいと思っているのです。

ですから、たとえば、デートに連続で同じ洋服を着てきたり、いつも同じお店に連れていかれることが多くなってきたら、完全にあなたに心を許した証拠だと思ってくださいね。

慣れてきたぶん、緊張感がなくなって、いい意味でかなりフラットな関係でいられるようになっててきたということなんです。

当相談所でも、ある人見知りの男性会員さんは、自分の行きつけの居酒屋さんへお相手女性を連続で連れて行って、そして、ある程度お酒の力を借りながらいつもの自分をたくさん知ってもらって一気に距離を縮めることに大成功!見事成婚退会へ繋がったという例もあるのです。(もちろん、飲み過ぎはいけませんよ)

要は、男性があまり気を張らずにリラックスして一緒にいられるような状況になってきたら、完全にあなたを将来のパートナー候補者として見てくれているんだな~という認識で良いのです。

男性が「いつもの俺」や「巣の自分」を出せるようになってきたら、あなたに対する深い愛情を感じているということなのです。

男性は結婚相手の女性には、安定や安心を求めるものです。男性がいつもの自分を見せ始めてきたら、あなたはいよいよ結婚相手として見られはじめたんだなぁと思っていれば良いのです。

間違っても、「最近いつ会っても同じデートで、変わりばえしなくなってきちゃったよね~」とか「つき合いはじめのころは新鮮だったのにね~」などと、つい本音を口に出してしまわないように気をつけてくださいね。

ポロッと本音を出したばっかりに「この女性と結婚してら、つきあっていくのが大変かも?」などと考え、急に彼の気持ちが冷めてしまうことにもなりかねません。

お気持ちはわかりますが、そこはグッとこらえてくださいね。

結婚しても、いつまでも恋人気分でラブラブでいるためには、ある程度の緊張感も必要です。でも、実際にずっと緊張し続けていないといけない関係では、いつか必ず疲れてしまうと思います。

素のパートナーを見ていられるということは、「愛されている者の特権よね~」くらいに割り切ってみるのがいいと思います。

だからといって、なんでもかんでも我慢する必要なんかはありません。

私たちもよくやる方法ですが、行きたいお店があれば、自分から誘えば良いのです。

洋服も違うものを着てほしければ、「あなたにすご~く似合いそうな服があったから、よかったら一緒に行ってみない?」などと、自分から誘って買い物へ連れて行けば良いのです。

男性のファッションが気に入らなければ、上手に誘導して自分の好みにしてしまえば良いだけです。

むしろ、あなたからの提案なら喜んで聞いてくれると思いますよ。

男性がいつもの自分を見せたがってきたら、コントロールし放題!くらいに思ってしまいましょう!

ふだんは「巣の男性」につき合いつつ、ここぞ!という時には、自分のわがままを聞いてもらえるような、そんな関係づくりができればいいと思いますよ!

それが今からできていれば、結婚してからもきっと素敵な関係が長く続くはずです。

指摘してもらえるうちが花ですよ

E0423484-733F-4C77-8ED8-E1D2DA176443.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

誰しも「私って、こういうタイプなんです!」といったような、自分のイメージをもっていますよね。

「私って、凄く派手な感じに見られちゃうんですけど~本当はそんなことなくって~結構地味な性格なんです~」とか、「俺って、めちゃめちゃ強そうに見えるかもしれないんですけど、実は小心者で気の弱い人間なんです」などと、それぞれ思い思いの自分のイメージというものをもっていると思います。

そうやって、ほとんどの人が、自分のことは自分が一番よくわかっていて、中には決めつけてしまっている人も結構多いと思います。

なので、他人から、ある日突然、自分では全く思っていなかったことなどを指摘されたりすると、驚いてしまってすぐさま受け入れられずに「そんなことないよ~!」などと、怒って反発してしまう人も結構いますよね。

「あの人って、あの時、私のことあんな風に思っていたんだ~!」「ほんとは違うのに~!」なんてことになって、けんか別れしてしまった!...なんていうケースもあるんじゃないでしょうか。

よくよく考えてみると、他人が理解している自分と、自分が思っている自分とで、どっちが本当の自分なのか?、、、なかなかはっきりとは決められないものですよね。

婚活も、たとえば私たちのようなアドバイサーに、必ずなにかしらの指摘を受け、改善すべきところや、克服すべき課題を乗り越えながら活動していくわけですが、そういう他人の指摘を素直に受けいれられるかどうかが成功の分かれ道となっていきます。

ときには、耳の痛い言葉もあるかと思います。しかし、そういうときほど、実はそれが大切なことだったりするものです。

他人の指摘を素直に受けいれられること。そして、自分自身を省みること。

婚活で、これができる人のほうが、そうでない人より断然うまくいくことに間違いはありません。

そもそも、他人は、どうでもいい他人のために時間を費やしたり、嫌われるのを覚悟してまで、指摘なんてしないものです。

指摘してもらえるうちが花ですよ!!(^▽^)/

他人に指摘されたら成長のチャンスだと思って、素直に受けとめられるようになりましょう。