最初はピンとこなくても!

AD7CE6F6-2E12-466D-A5E9-74C3BEF21E82.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

結婚相談所に入会したからと言って、必ずしも上手くいくとは限りません。上手くいかない人の一番の原因ってなんだと思いますか?

それは、好きな人探しをすることです。

つい、今までの合コンやお見合いパーティーのような自然な出会いのノリで、「素敵~!」「ドキドキしちゃう!」などと、トキメキを重視して自分のタイプ探しに走ってしまう人が結構おられるんですよね。

なので、当相談所の入会時には必ず確認していることがあります。

「本当に結婚したいんですよね?」

「結婚は生活で、恋愛とは違います。。。結婚相手を見つけるということでいいんですよね?」

けれど、初めは、「もう恋愛は良いんです、真剣に結婚がしたいんです」と、仰っていた人が、、いざ活動を開始すると、今まで通り「好きな人探し」や「恋人探し」を繰り返してしまう、、なんていうことが結構多いんです。

お見合いや、その先の初デートの段階で、たとえば、お相手の「顔がタイプじゃなかった~」とか「服装がダサかった~」「デートマナーがなってなかった~」あるいは、「ご馳走してくれなった~」「おとなしすぎてつまらなかった~」「リードしてくれなかった~」などなど・・・

挙げたらきりがないくらい些細なことで一気にテンションが下がってしまって、最初の1回や2回で判断してしまう人も結構多いです。

ちなみに、私が見ていて思うのは、自分の容姿に自信のない人ほど、たとえば女性なら、かっこいいイケメン男子が好き~!だとか、知的で仕事もできる男性じゃないと嫌だ~!などの基準でお相手選びをしているように感じます。

もちろん、ある程度の理想を追うのは良いと思います。ですが、そういうレベルの高い男性こそ、当然、それなりにレベルの高い女性が好きなんですけどね。。。( ̄▽ ̄)

いずれにしても、結婚相談所でのお見合いや、交際初期の仮交際の段階というのは、見極めの期間になりますので、気持ちはあとからついてくることが多いです。まずは、お相手に対してどうというよりは、「自分自身はどうなのか?」ということについて考えてみるといいと思います。

「お相手のことを好きになれそうかどうか?」「好きになる可能性があるのかないのか?」・・ここを確認することがとっても大切です。

そして、絶対に自分を棚上げしたりしないこと、上から目線もNGです。謙虚に、「下から目線」を心がけましょう。(^▽^)/

できるだけお相手の良いところを見つけるようにしてみましょう。

もちろん、そのうえで生理的に無理だとか、まったく好きになれそうになければ、さっさと見切りをつけて次へ進んで行くのが良いでしょう。

お見合いで少しお話したくらいでは、お互いまだまだわからなくて当然です。ですから、はじめからあまり決めつけたりしないことです。2回、3回とお会いしていく中で、お互いのことを少しでも知ろうとしてみると良いと思います。

できるだけお相手の良いところを探してください。ある程度は好きになる努力をしてみることも大切です。

最初はピンとこなくても、「別にいやなところがないな~」から「一緒にいるのがラクだなぁ~」なんていう風に、少し後からじわ~っとくるような自然な感覚が結構大事です。

お会いするたびに「今日も良いとこ見せなくちゃ!」みたいに最初から最後までず~っと緊張したままの関係よりも、気がついたら「あれ~?もしかしたら好きかも~」ぐらいの順番で好きになる方が断然ラクだと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。(^▽^)/

成婚できる人とできない人の違い

thumbnail_IMG_3273.jpg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

プロフィールを見て「いいな」と思っても、いざ、お見合いをしてみると、必ずしも「もう一度お会いしてみたい!」となるとは限らないと思います。

そんな時は、あまり悩まず、「この人じゃないな」と思ったら、なるべく早めにお断りをしても良いと思います。

しかし、その場でお見合い相手に直接伝えるのはマナー違反です。

私たち仲人を通じてお断りの連絡をいただく、というのがルールです。

なお、その際は、本当の理由を私たちにそのまま教えていただいて大丈夫です。

私たちアドバイザーが、お断り理由をそのまま伝えることは一切ありませんので、ご安心ください。お相手を傷つけないよう工夫してお伝えします。

むしろ、どこが気に入らなかったのか、どうして駄目なのか、本音で話してもらったほうが、よりサポートもしやすくなります。

とは言え、お断りの意志を伝える際には、お相手に対しての感謝の気持ちも忘れないでいただきたいと思います。

以前のお話ですが、お相手男性に対するお断りの理由が、とにかく不平不満のオンパレード、終いには「今まで、こんなに苦痛に感じた相手は居なかった!」などと仰ってきた女性会員さんがおられました。

最初にも書きましたが、もちろんお断りの決断は自由です。理由についても本音でお伝えしていただいて大丈夫です。

なんですが、、、あまりにもお相手に対する悪口や文句ばかりで、なにひとつお相手を褒める言葉がなかったことには驚きました。

当時、お相手の男性は、お仕事で非常にお忙しい中、貴重な時間を作って足を運んで下さいました。そんなお相手に対して感謝の気持ちや思いやりの言葉がひとつもなかったことに、正直、とても残念に思えてなりませんでした。

6万人以上の会員さんの中には、彼女のように自分を棚上げし、お相手に対するダメ出しばかりで、理想がどんどん吊り上がっていく人も残念ながらいらっしゃいます。

とにかく、成婚ができる人と、できない人との違いというのは、はっきりと分かれているので、ぜひ、成婚が出来る人になっていただきたいと思います。

まず、成婚ができる人は、自分に対して好意的なお相手を大切にすることができる人です。

自分のことを良いと言ってくれる人を優先して好きになれる人は、心の優しい人ですし、謙虚な姿勢の持ち主です。自然にお相手の方からも評価されやすくなりますから、成婚がしやすくなるのです。

そして、自分自身の婚活市場における需要をきちんと理解しています。勘違いをしない、高値の花狙いもしません。

自分のポジショニングを理解している人は、決して自分の位置を高い位置には置きません。自分と釣り合いのとれた人を対等に見ることができるからです。

反対に、成婚できない人は、自分の位置を高く設定しすぎているので、実際には自分と釣り合いがとれている人を、自分よりも低く見てしまいがちです。いわゆる上から目線で見てしまう。これが成婚できない大きな原因になっています。

そして、成婚できる人というのは、お相手の粗探しとか、ダメなところをだけを探そうとするのではなく、まずはお相手の良いところだけを見る、要は、良いところにフォーカスできる人です。

何より、まずは、ひとつひとつのご縁に感謝して誠意を持って活動していくことです。良かったら参考にしてみてくださいね。(^▽^)/