焦らずゆっくり認めてもらいましょう。

E5440F62-697C-4C82-B4DC-83E0704786A2.jpeg
湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I の高橋いづみです。

婚活中の女性は「良い人がいたら結婚したい!」という気持ちが前提で、好きなタイプの人や、好きになれそうな人を探している人が結構多いです。

一方、男性は、好きになった人には「認めてもらいたい」と思って婚活している人が多いです。

いつも話していますが、女性は2回、3回とデートを重ねていきながら徐々に男性を好きになっていくことが多いのですが、男性は基本、ひとめぼれをするので、わりと一瞬で好きになってしまいます。

なので、お見合いで「この女性、良いなぁ」と思ってしまうと、その女性にまずは自分を認めてほしくて、自分の話ばかりし過ぎてしまう傾向があるようです。

たとえば、自分の仕事の話や、得意な分野の話をひたすらしゃべってしまったり。

逆に、悪いところを自虐ネタにして、笑いをとろうとしてしまったり。

女性にしてみたら、お見合いで仕事の話を延々と聞かせれたり、得意分野の自慢話をされることも、当然、不快な気持ちになるだけです。

まして、初対面の人から自虐ネタを聞かされた時には、どう反応して良いものか?困ってしまうことでしょう。苦笑。

要は、初対面の相手に対して、いきなり自分のことについて知ってもらおうとしないことです。

自分のことを知ってもらうのは、ある程度、相手が自分のことを好きになってくれてからでも全く遅くはありません。

とにかく男性は、女性の気持ちが温まるまで、じっくり待つことです。

「俺にはそんなにゆっくりしている時間はないんだ」という気持ち、よ~くわかります。

しかし、いくら焦って進めようとしても、結果は失敗に終わります。

なので、もし本当に貴方が時間が無いと思うなら、まずは女性の気持ちを理解して活動することが一番の近道になるということです。

婚活は、ただ焦って闇雲に頑張っても上手くはいきません。上手くいかない原因がわからず、悩み苦しんでいる時間というものは、決して戻ってはきません。

貴方の貴重な大切な時間や努力を無駄にしないよう、私たちのサポートとアドバイスを受けて、二人三脚で一緒に頑張ってみませんか。

私たちは貴方を待っています!(^▽^)/