ラインで弾む会話とは。

BF00BD9B-3AEA-4199-A4DA-8DF27A1BD370.jpeg

湘南・藤沢の結婚相談所 Amber(アンバー)T&I 代表の高橋いづみです。

今日も冬晴れの気持ちの良いお天気でしたね。

本来なら当相談所の定休日なのですが、急遽、午前中からお昼にかけて会員さん2名のリモート面談が入りました。お二人とも交際中のラインのやり取りで悩んでおられたので特訓です‼︎

その後、主人と二人で江の島までお散歩へ。途中、片瀬の星乃珈琲でランチタイム!具沢山の星乃スパゲッティーを美味しく頂きました。

さて、お見合いをして、仮交際へ進み、お互いの連絡先交換をすると、次のファーストデートまでの間は、ラインのやりとりをする機会が多くなります。

実際には、友達以上恋人未満の段階ですので、どんな内容でお相手とやりとりをしたら良いのか迷ってしまう人が結構多いです。

特に、恋愛経験の乏しかった人なら尚更です。「いったい何を話したら良いのだろう」と、真剣に悩んでしまいます。

そんな時は、まずは、「日常の出来事を話題にしてみてくださいね!」とアドバイスをします。

例えば、「今日はこんなもの食べました」とか、「今日はどこどこへ行ってきました!」というようなその日の出来事、あるいは、「今度の休みは、こんなことをする予定です」など、楽しみにしている休日の予定などを話してみるのもいいですね。

そうして、普段の何気ない日常の話を続けていくうちに、お互いの人柄や特徴、価値観などがわかってくるので、お互いに自分と合いそうかどうかの見極めもしやすいですし、関係性も築きやすくなっていきます。

また、好きな食べ物の話や、美味しいお店の話もおススメです。お相手が興味を持った様子なら「良かったら今度一緒に行ってみませんか。」となって、次のデートプランも決まります。

それから、お互いの地元の話でもいいいですし、学生時代の部活の話でもいいですね。あとは、仕事の話でもいいと思います。(ただし、愚痴っぽくなるような話は避けてくださいね!)

逆に、ラインで話さない方が良い話題もあるので注意が必要です。

例えば、元カノ、元カレなど過去の恋愛話や、政治や宗教の話は自分から積極的に話す必要はありません。

興味本位で聞いてしまうと、デリカシーのない人だなと思われてしまい、印象が一気に悪くなってしまいますので要注意です。

また、結婚相談所での活動は、学歴や年収の話は、初めからプロフィールでだいたいわかっていますので、それ以上の情報や詳細については、信頼関係を築くまで踏み込まないことにしたほうが良いですね。

そして、大切なことは、決して自分のことばかり話すのではなく、会話のキャッチボールを心がけることです。ボールを受け取ってくれるお相手への感謝の気持ちを決して忘れないでくださいね。

慣れるまで最初は大変だと感じる人も多いと思います。けれど、だんだんとコツがわかってくると、必ずキャッチボールが楽しくなりますよ。頑張りましょうね!

PageTop